So-net無料ブログ作成
検索選択

義経 [日本人小説]

義経〈下〉

義経〈下〉

 

◆小学生にはちょっときついか?でも、まぁ、かなり読みやすかったのでいくつでも大丈夫かな?あ、でもかなり性的な方面もあるわ。男色もあるし。各人己の判断に任せる!!

お勧め度

★★★★★!!

 

まぁ、気になるのは「どこまで本当なのか?」ってとこではあるけど、まぁ小説だしさ。細かいことは気にするのが愚というものか。

実在した人物の話ということを抜きにしてもおもしろいものですよ。男色話とかもあの時代だし本当なんでしょう。

やっぱメインは信長を彷彿させる戦略と戦術、もう「これは仕事だろ」っていうぐらいの情事かな。兄との確執や源氏と平家の狭間での生涯など、なるほどファンが多い人物なわけだと思いました。

平清盛との関係がNHKとはまったく違うのがおもしろかったかな。

NHKではわりと父子だったのにね。

まぁ、やっぱり頼朝とはわかりあえない兄弟で書かれている。

 

ある意味「殺と性」の小説だけど、こんな時代だからこその英雄か。

現代では英雄が生まれないのは殺しや性が絶対悪だからからなんだろか。

そういう視点でもいけると思うのでエポックメーキングに一読いかが?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。