So-net無料ブログ作成
検索選択

時をかける少女 [日本人小説]

時をかける少女 〈新装版〉

時をかける少女 〈新装版〉

◆年齢ふりー。

お勧め度

★★★☆☆

アニメ版「ときかけ」がおもしろかったので、それなら原作もとおもって読んでみました。

正直な感想→おもしろくなかったわけではない。

が、アニメの半分の半分の半分くらいの内容で、薄すぎでした。

まぁ、昔から映画化やらドラマ化やらされているということは、この作品はリングウイルスみたいな性質を持つのかもしれない。

二次創作化されやすい、クリエイターの創造を喚起する作品だということなのかもしれない。

まぁ、僕はアニメのが好きだなぁ・・・。

アニメを逆の小説に還元したら、結構な長さになるだろうし。

もちろん小説は長ければいいとうものではない。どっちが良いかは両方見てからあなたが決めてくれい。

ただ、アニメを先に見たほうがいいとはやっぱり思うわけ。

主人公もアニメ版の溌剌なほうが好きだなぁ。

 

ちなみに表題作の他にもうふたつあります。

恐怖を科学的に考察した物語がおもしろかったかな?

 

(※一月一日。新年早々僕はこんなことをやってたりする。)

パソコンでカタカタとね。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。