So-net無料ブログ作成
検索選択

流星ワゴン [日本人小説]

流星ワゴン

流星ワゴン

◆(僕的に)高校生の頃か、それとも自分が父親になったときが良いと思いました。

※あなたの家庭が大円満ならあまりおもしろくないかもしれないが、ちょっとでも不満があるなら、その時が読み時だ。たぶんその時なら登場人物に深くシンクロできるから。

お勧め度

★★★★★

 

ふたつの父と息子の話がクロスしながら紡がれる話。タイムリープものなのでそちらを求めるかたにもおすすめです。(SF要素は全くないが過去へ戻るということに興味関心のある方へ・・・ね。)

 

管理人も父とあまり仲がよいほうではない。まぁ、僕としては心理学的にはいい関係なんじゃないかな、とか偉そうなことを思っている。

河合隼雄先生いわく、母とは基地で父とは断ち切りである。

母は子供を受容し、父は突き放すのが本来的な役割であるそうだ。

 

・・・なんて心理学に逃げるあたり僕もまだまだだね。

 

まぁ、でも現在日本で父親の「役割」というものがだんだん薄れてきたというのは本当だと思うわけ。(なんだか河合隼雄レヴューになってきたな。)

そんななか父であり息子である主人公はかっこう悪く、現状をもがくのだ。

自分の父も誰かの息子であるということ。自分の父も自分と同じ人間であること。そういうこともこの作品には書かれていたと思う。

また、重松作品らしく「半端な解決」をしないのも良いところだ。

結論をいってしまうと最初と最後で実質的に変わるところはなにひとつない。(ちょっとだけあるけどそれは秘密。)ただただ主人公の意識が変わるだけなのだ。

ただ、そこが重松作品のいいとこだと思うわけ。現実劇的に変えられるものっていうのは意識ぐらいだからなぁーと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。