So-net無料ブログ作成

生と死の教育 [知識書]

生と死の教育

生と死の教育

  • 作者: アルフォンス・デーケン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本
 
◆んー。言葉は易しいんだけどある程度の年齢いってからのがいいかもしれないです。自分でものごとを考えられるようになってから読みなさい。
「生きる力」教育の現場におられる先生がたには必読、だと思う。
 
お勧め度
★★★☆☆(ただ、その後さまざまな本への発展材料にはなったのでそういう意味では★五つ。まぁ、薄い本なのでもともとそういう目的なんだろか。)
 
 
管理人の卒論に使われた本。
デス・エデュケーションのすすめみたいな本か。
 
※デス・エデュケーション
「死」にアプローチした教育をすることによって、生の意味を確かめるというもの。具体的には遺書を書いてみるだとか、ペットの死について考えるだとかです。(レベルとかあるのでこの書き方だと語弊あるけどね)
 
別に宗教的な本ではなく、内容は至極まっとうです。
というか「生きる力」教育がなされているなら、これはある意味教科書です。
 
まぁ、前述したようにこの本自体は「キュブラー・ロス」だったり「エーリッヒ・フロム」の紹介(特にロス)な感じなので「この本が」ってのはあんまない。
 
でもまぁ、ロスの著書が簡潔にまとめられているので、そういう意味では使える。
 
ロスはターミナルセンター(死際の患者のみで構成される病院)で働くカウンセラー(?)として基本的に経験で物を書く人です。
ロス氏の有名な著書には「半分あっち側の人間に必要なこと」、「半分あっち側の人間が必要なこと」が経験に基づいて書かれています。
 
※「半分あっち側」とは管理人の言葉。無礼なのは承知だが、その状態の人への尊敬語を僕は知らない。
 
そうしたロスの経験をエデュケーションとして必要性を説くのがデーケン氏である。
 
というより、そうした教育はドイツなどではすでに行われているので、そういった教育を日本で薦めるのがデーケンというべきかな。
 
他、デーケンのオリジナルとしては「ユーモア教育」があります。
死とユーモアってなんかあわなくね?
って思うかもしれませんが、笑うことの大切さ(というかチカラ)を彼は説いています。
 
んー。いろいろ書いたけどやっぱこの本はベースかな。
死生観入門みたいな?
これ読んで、次はロス読んで、、、
スピリチュアルかフィジカルかに分かれてください。
 
そんな感じだお。
 
 
あ、あと「小さな死」は感銘を受けた。
 
「ひとはいずれくる大きな、本当の死の前に小さな死をたくさん経験しておくべきだ。小さな死とは誰かの死であったり、失恋であったり、挫折である。小さな死とはある種の喪失体験である。」(←超うろ覚え)
 
俗にいうアイデンティティ・クライシスってやつ。
涙の数だけ強くなれるさってやつともいう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。