So-net無料ブログ作成

封神演義 [何世紀か前]

封神演義 (1977年)

封神演義 (1977年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 謙光社
  • 発売日: 1977/02
  • メディア: -

 

※ぶっちゃけたくさんありすぎて、僕が読んだのがこれかどうかはわかりかねます。
大学で発掘したこの本はとにかく古くて、表紙に目から手の生えた人がいる本でした。(そして日本語だったのはたしかです。)
なので、ここではただ単に「漫画封神演義の原話」ってどーなのよ?

程度に薦めたいと思います。(なので漫画を読んだという前提で進めます。)

 

◆本屋さんに子ども向け封神演義とかもあったので、全年齢向けに全年齢に適したスタイルがあるんじゃないですか?

お勧め度

★☆☆☆☆(僕は聞仲が好きだ。)

 

 

・・・・・・・藤崎先生スゴーイ。

だって、、、いや、まぁ途中までストーリーはアレなんだが、、、

宝貝が・・・・。

 

全部ただ投げるだけだし。(反転)

 

漫画では鬼強かった最強敵キャラ聞仲が。。。。。

ああ、反転する気もねぇよ、チキショウ。

(実は私漫画レビューもかなりできます。)

 

しかも太公望が

死んではすぐ生き返る。(反転!!)

まぁ、漫画は一回だけだったからな。作者は見事切るとこ斬りましたね。

流石。

えーと、ぜんぜんレビューしてねぇな。

んー、どうしよ。

つーか僕が先生で生徒に封神演義読ませるとしても、絶対漫画読ませますね。だってこっちのがビジュアル的にいいもん。

いやさ、漫画だからってわけじゃなく。。。

みんななんかおじさんだし、スープーは、、、ウマ?(超反転)

 

教育委員会よ、漫画教育に一考を!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。